しあわせおやつ工房ひろがるが大切にしていること

しあわせおやつ工房ひろがるが大切にしていること

謙虚さは「日本文化」そのもの

人間は古来、自然つまり宇宙に寄り添って、
その恵みをいただくことに感謝して生きてきました。
日本の本質に沿って生きる謙虚さは「日本文化」そのものだと思います。

お祈り

「さきわい」の心の社会

「幸い」とはもともと「さきわい」と読み、「さき」は獲物を捕る道具だったといいます。
いつしか捕った獲物を仲間で囲むことを「さきわう」と言うようになり、
自分だけでなく、仲間みんなの「しあわせ」を願う言葉になっていったようです。

そうして広がる当たり前の幸せの循環。
日本人が持つ「さきわい」の心の循環する社会づくり。そのために自然のお恵みに感謝し、
貢献、ご恩返しをしたいと思っている者が働くお店です。

お祈り お祈り

安心と「こころ」

母親、妻という立場になって考えた時に、家族に安心して食べてもらえるかどうか。
このことを第一に考え、素材はできる限り良質なものを選び、
かつ心から美味しいと思えるということにも妥協せずお菓子を作っています。

そしてもう一つ大切にしていることがあります。それは「こころ」です。


1. 作る気持ちがワクワクと楽しい日に作ること。
2. 調理場に入る前に、みなさんの笑顔を想像し、みなさんの幸せをお祈りします。

このようにして「こころ」を整え、
楽しい心で作った時の商品は絶対に美味しさが違うと私たちは確信しています。

グラノーラ・ブリスボール